[LINEの話題]LINEが新サービス発表!!今度はテキストコンテンツ!読者と作者が集まる”LINEノベル”とは?

(´・ω・`)ノ

 

 

LINE大好きな人 アキラです(´・ω・`)ノ

 

 

 

GWのお出かけ準備(チケット購入とか)は、LINEPayカードがとてもお得っすよ(´・ω・`)
(いまなら15%~ポイントバックですからね)

カード発行は3分、プラスチックカードがなくてもバーチャルカード発行でネットの買い物や予約ならすぐできます(´・ω・`)

↓詳細↓

 


 

■LINEが新サービス発表

出版社の枠組みを越えた小説プラットフォーム「LINEノベル」を発表 参画しているすべての出版社と新たな才能の発掘を行い、書籍化をサポート

全てのコンテンツの原点であるテキストをベースとしたコンテンツにおいても、「新しい文化」「新しい可能性」が生まれると考え、本日より「LINEノベル」をスタートいたします。

「LINEノベル」は、既存の出版社の枠組みを越えた、新しい小説プラットフォームです。自由に小説の投稿ができることはもちろん、様々なカテゴリの人気作品を読むことができます。

 

 

最大の特徴は、従来の出版業界の枠組みである『投稿作の独占出版』を行わず、参画しているすべての出版社で新たな才能の共有・発掘を行う『あたらしい出版のカタチ』という取り組みです。

「LINEノベル」に参画している出版社は、投稿者へ「書籍化」のオファーを出すことができます。オファーを受けた投稿者の情報は、すぐさま参画しているすべての出版社で共有され、他の出版社もその投稿者へオファーを出すか出さないかを選択することができます。これにより、投稿者は各社からのオファー条件を踏まえて「書籍化」する出版社を決定することができるので、自らの可能性を最大限に活かせるパートナーと出会うことができます。

 

なるほど(´・ω・`)

 

まずは、LINEで読める場所としてのLINEノベル

で、それだけでなく、投稿できる、そしてそこに出版社がオファーを出すことができるという仕組み。

 

まぁこれまでもこういったサービスはありましたが、それを巨大プラットフォームであるLINEがするってあたりが違いますよね(´・ω・`)

 

 

■2019年夏にアプリ配信も登場し、人気小説家の作品が読める!

今夏より提供予定の「LINEノベル」アプリでは、出版社から提供される既存の人気作品だけでなく、「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」のレーベル作品として、「原田マハ」「中村航」「鎌池和馬」など多数の人気小説家による「LINEノベル」だけの書き下ろし作品も読めるようになります。レーベル作品は、アプリ配信時に50作品の提供が決定しており、今後も作品は随時追加してまいります。

 

 

夏には、アプリも登場。さらに人気作家たちによる新作品の配信も決定している模様です、

作家をめざす若い子たちの登竜門的な場所になれば面白そうですね(´・ω・`)!

 

LINEのプレスリリースはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)