[HOWTOiPhoneだけで動画制作②]iMovieで特殊なテロップをいれる方法(最新版)

(´・ω・`)ノ

 

iPhoneだけで動画制作してYOUTUBEに1000本以上投稿している不届きモノのアキラです(´・ω・`)ノ

 

↓チャンネル登録してもよいと思う↓

 

 

少し前に、iMovieの新機能について記事を書いたのですが、その続編です。

というか、

”それだけiPhoneで動画作ってるんなら、そのテクニックを記事にしろよ”と気づいてしまったので、少しシリーズ化していこうと思います。(だからナンバリング始めた)

 

↓その少し前の記事↓

[iPhone最新アプデ機能解説]クロマキー合成(背景を消して合成)動画を作る方法~#iOS #iMovie #アプデ #動画編集

 

■特殊なテロップや画像を動画に挿入する方法

今朝(6月19日)の朝の動画で試してみた手法です。

この中ででてくる

こういったシーンで使っている手法についての解説です。

 

■仕込みはPowerPointで

 

 

 

マイクロソフトOfficeに入っているPowerPointで、実は仕込みをしています。

 

このように、挿入した演出(画像やテロップ)を背景を青に設定して作ります。

 

そして、画面切り替えのタブで、プッシュ(スライド切り替えの際に前のスライドが上にあがる)を選択。

 

そして、保存から”エクスポート”→”ビデオの作成”を選択。

プレゼンテーション品質を1920×1080、各スライドの所要時間を5秒(このあたりはあとからiMovie内でも調整可能)にして、”ビデオの作成”をクリック。

 

 

すると、5秒×スライド枚数のビデオができあがります。

この動画をiPhoneにうつして、iMovieで仕上げをします。

 

 

■iMovieのクロマキー機能で仕上げ

 

 

あとは、クロマキー機能をつかって、動画に重ねれば完成。

会話内容とスライドの調整は、カット&速度調整で。

クロマキー機能の使い方自体は、過去記事を参照ください。

↓動画での解説はコチラ↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)