[YOUTUBEの話題]8月のArikaStudioの視聴データ公開~インプレッション数とクリック率、平均視聴時間について~ #YOUTUBE #収益化

(´・ω・`)ノ

 

 

おじさんYOUTUBERのアキラです。

↓うっかりチャンネル登録してくれてもいいと思う↓

チャンネル登録1000人未満なのに収益化できている理由の解説


 

■そんな僕のチャンネルのデータ公開

 

データ公開といっても、全部出してたら解説ながくなるので、

 

・インプレッション数
・クリック率
・平均視聴時間

 

についてだけ書きます(´・ω・`)ノ

 

1.インプレッション数

akira(おじさん)
インプレッション数ってのは、YOUTUBE上で表示された回数のことを言います。上記の画像から言うと、8月1日~29日までの4週間の間に僕のチャンネルの動画が51.3万回表示されたということです。

 

 

mu(シャム猫)
なんで、こんなおじさんの動画がそんな回数表示されるんだにゃ?

 

 

akira(おじさん)
(むっちゃんも出てるんですけどね)
akira(おじさん)
この51.3万回の表示のうち、半分以上の52.7%、回数でいうと27万回くらいはYOUTUBEによってオススメされた回数です。残りの

24万回は”検索”の結果、表示された回数です。

mu(シャム猫)
28日間で27万回オススメって、1日1万回近くオススメされてるってことだニャン!なんでニャ!なんでこんなパッとしないおじさんの動画が!
akira(おじさん)
うん。。そうだよ。。こんなパッとしないおじさんでも、やり方によっては1日1万回もYOUTUBEにオススメされるんだよ。

 

★インプレッションの増やし方について★
<YOUTUBEヘルプから>

動画がアップロードされるとすぐに、YouTube はその動画を関連するユーザーに表示し始めます。

YouTube のシステムは何百もの指標に基づいて、どの視聴者がその動画を見る可能性が高いかを判断し、YouTube から削除されない限り、その動画を視聴者に表示し続けます。一般的に、より多くのインプレッションを獲得するための最良の方法は、視聴者が好む、魅力的で質の高いコンテンツを一貫して制作することです。

 

akira(おじさん)
要は、YOUTUBEが動画の内容を判断して”これまでの視聴履歴から見てくれそうな人”の画面に表示してくれてるってことなのよね。これはチャンネル登録してくれてない人に対しても同じように表示してくれるので、登録者数以上に表示される回数が増える理由はこれです。このとき、YOUTUBEが”どんな内容の動画なのか”を判断している材料が、”タイトル”と”概要欄の説明”だと言われています。

 

mu(シャム猫)
ほう。。そういえばアキラの動画のタイトルと概要欄はかなりいっぱい色々かいてあるニャン

 

 

akira(おじさん)
そう!下の画像は今日の動画のタイトルと概要欄の一部ね。

 

 

 

 

mu(シャム猫)
タイトル、長っ!

 

akira(おじさん)
そう。ここにたくさんのキーワードを実は散りばめてるんよね。そして概要欄にも、動画の内容を全部書くのは無理だけど、インデックス(見出し)となること、何を話したのか?結論はなんなのか?くらいは書いておく。そして関連リンクね。ここにもキーワードを置いておく。もちろん視聴者さんが動画のあとによりほしいであろう情報を補完する意味での概要欄でもあるんだけど、それと同時に、”YOUTUBEやまだ見ていない視聴者が見つけてくれるためのキーワード置き場”でもあるんよね。

 

 

mu(シャム猫)
うーん、タイトルと概要欄て大事ニャン

 

akira(おじさん)
まとめると

”インプレッションというのは、YOUUTBEがオススメしてくれる回数。でそれを上げるにはタイトルと概要欄が大事”ということ。

そして次に大切のはそこから実際に視聴してもらうためのクリック率の話。

 


 

2.クリック率

 

mu(シャム猫)
インプレッション増やすのはわかったけど、下の画像(YOUTUBEアナリティクス)からだと、そこからのクリック率は4.6%てなっているニャン。これは低いのかニャ?

 

 

akira(おじさん)
YOUTUBEヘルプにはクリック率についてこう書いてあるんよね。↓
インプレッションのクリック率は、コンテンツのタイプ、視聴者、インプレッションが表示された YouTube の場所によって異なります。動画のサムネイルは、トップページ、動画再生ページの [次の動画]、検索結果や、登録チャンネル フィードでも、常に他の動画と競合している点にご注意ください。

YouTube の全チャンネルと全動画の半数では、インプレッションのクリック率が 2〜10% の範囲です。

 

mu(シャム猫)
ほう。サムネイル。。
akira(おじさん)
そう。サムネ大事。インプレッションによってオススメされる動画の一覧で見られるのはサムネだよね。そこからどの動画を選択するのかの競争に勝つには、サムネが重要になってくる。

 

mu(シャム猫)
じゃあー、やっぱ派手なサムネのいいのかニャ?

 

akira(おじさん)
これが、一概にはそうだと言い切れないと思う。僕もまだまだ若輩YOUTUBERだけど、これまでの投稿動画本数1600本の中で有効だと思うサムネって、

”わかりやすさ”だと思う。

 

akira(おじさん)
動画のジャンルにもよりけりだと思うけど、僕の場合、”日常の雑談系”動画やん。

 

mu(シャム猫)
にゃ~ん(うん)
akira(おじさん)
そうなってくると、この動画の話題はなんのか?ということが明確にわかることが大切なのかなと。タイトルは見つけてもらうための工夫としてたくさんのキーワードを散りばめたほうがいいけど、サムネイルはあくまでわかりやすさを重視したほうがいい。そういう意味では、僕の動画のサムネイルはまだまだわかりにくいのかなと。。。4%は低いほうになるからね(2%~10%の中では)

 

mu(シャム猫)
なるほどにゃーん。じゃあ、みんなが検索しそうなキーワードのタイトルつけて、それで”新情報!”とか””ココだけの話⁉”とかをサムネにつければ、それだけでたくさん視聴されるのでは⁉

 

akira(おじさん)
(なんと理解力高く、そして浅ましい猫なんだ)

確かに言う通りのことをすれば、インプレッションは上がるしクリック率もあがるかも。
でも、それよりも重要なことがあるんよね。

それが平均視聴時間

 


3.平均視聴時間

akira(おじさん)
最後に一番大切な話。平均視聴時間というのは、視聴回数1回あたりにどれだけの時間僕の動画を見てくれたのかという時間のこと。

 

mu(シャム猫)
うん?どうしてそれが一番大事なんだニャン?
タイトルと概要欄でインプレッション上げて、
サムネで派手なキーワード書いておけば

すぐに釣れるニャン(ΦωΦ)

 

 

akira(おじさん)
うん。それがいわゆる”釣り動画”だねw。
そういうことをして、視聴回数を稼ぐ人達ってたしかにいる。けどね。それって正直意味がないと思う。

だって、重要なのは視聴回数じゃなくて総再生時間だから

 

mu(シャム猫)
ほう。。
akira(おじさん)
YOUTUBEの収益化条件って、

チャンネル登録者数1000人以上
直近12ヶ月の総再生時間数4000時間以上

となっています。ここからもわかるように

YOUTUBEとして重要視しているのは再生回数じゃなくて再生時間数ということ。

タイトルやサムネだけで視聴者を集めても、内容が伴わない動画だった場合、結局再生されることなく飛ばされるのは目に見えているよね。ましてやそんな動画を出しているチャンネル登録なんかさるはずもない。

結果、宣伝するだけして実益のない動画になってしまう。

さらに言うなら、YOUTUBEがオススメとして表示するときの判断条件に、その動画がどれだけの時間再生されているのかも判断材料となっている。(いわゆる視聴者維持率)

 

 

 

mu(シャム猫)
なーるほどニャーン。やっぱズルはできないようになっているんだニャーん。

 

 

akira(おじさん)
そういう意味では、僕の平均視聴時間4分程度というのは、だいたいの人が動画内容の大部分を見てくれていると考えられるので、インプレッションからクリックして見に来てくれた新しい視聴者層にとっても、ある程度納得して見てもらっている動画なのかなと思える。

 


 

■まとめ

今回は、インプレッション数・クリック率・平均視聴時間について整理して解説してみました。

解説の中で話しているように、僕として重要視しているのは、”平均視聴時間”。

でも、これはその人の現場によって注視すべきこことは違うかもしれない。

大切なのは、上記3つの数字を継続して観察することで、

自分のチャンネルに足りない要素はなにか?

を考えること。

 

そういう意味では、僕にいま足りないのは、”クリック率=サムネの精度”だと言う事ですねw

そういうコトを理解して、改善していくというのが大切なので、

数字を知るだけではダメですよ(´・ω・`)

 

数字は大事。

その数字が何を示しているのかを理解するのはもっと大事。

そして、そこからわかった事を行動に反映させるのはもっと大事。

 

というお話でした(´・ω・`)ノ

 


こんな話を日夜しているアキラのOPNE Chatは誰でも出入り自由です。

「YOUTUIBEで収益化を目指す人達のオープンチャット」はコチラ

LINE OPENChatとは?

「LINE」でトークルームごとにプロフィール設定を変更できる大型新機能『OpenChat』を提供開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)