[生活の話題]ちゃんと使えば5,000円お得!プレミアム付き商品券の引換券が届きました!損をしない為に注意すべき5つのこと!

 

 

akira(おじさん)
先月紹介したコチラの記事

 

 

akira(おじさん)
前回届いたのは、事前の案内でしたが、いよいよプレミアム付商品券購入引換券とどきました!

 

 

 

 

 

akira(おじさん)
で、これをよく読んでると、お得に使うには注意しないといけない点があるなと気づいたので、以下に解説します!

 

>プレミアム付商品券<
注意すべき5つのポイント

 

1.購入には身分証明書が必要  

購入する際に必要となるのは

  • 購入引換券(今回届いた書類)
  • お金(現金)
  • 身分証
akira(おじさん)
5000円の商品券を4000円で購入可能で、1枚の引換券につき5枚買えます。 一番お得に購入するのなら、2.5万円分の商品券を2万円で購入するのが一番お得ですね。なので身分証と現金2万円と引換券が必要ということ!

 

 

 

 

2.いつでも購入できるわけではない  

10月1日から販売開始ですが、その後はいつでも購入できるわけではないです。

  • 第1回:10月1日~15日
  • 第2回:11月1日~15日
  • 第3回:12月5日~12月15日
  • 第4回:来年1月8日~13日
  • 第5回:来年2月5日~15日
akira(おじさん)
来年になると、一気に販売期間が短くなります!(1月は6日間2月は11日間だけ)。よりお得に使う機会を確保するのなら、年内早め10月~12月の間に購入するのが良さそうですね。

 

 

3:購入できる店舗は住んでいる場所によって違う

商品券販売店舗は、皆さんが住んでいる地域によって指定されています。

なので、この写真では、イズミヤ今福店となっていますが、これは僕の購入店舗なので皆さんはそれぞれ届いた引換券を確認して、指定されている店舗で購入してください。

akira(おじさん)
友人の方と一緒に購入に行ったら自分は違うところだったなんてことにならないよう事前にお店を確認しておきましょう!

 

 

■使用期限は来年3月31日まで

一番大事な話ですね。使用期限は来年3月31日まで。今年度中に使わないとタダの紙切れになります。

 

akira(おじさん)
1で解説した「購入期間」と組み合わせても、早めの購入をすることで、無理なく計画的に使うってのがお得に使うポイントですね

 

■プレミアム付商品券で買えないもの

プレミアム付商品券が使用できる店舗であっても、購入できない商品がいくつかあります。

  • タバコ
  • 換金性が高いもの(図書カード等)
  • 電子マネーへの入金
  • 代金前払いするもののうち、有効期限が令和2年3月31日を超えるもの(年会費等)
akira(おじさん)
さらに、HPでは他にも買えないものがあると補足の解説がありました↓
  • 出資や金融商品
  • 債務の支払い(振込手数料、電気・ガス・水道料金等)
  • 有価証券、商品券、ビール券、図書カード、切手、官製はがき、印紙、プリペイドカード等の換金性の高いもの
  • たばこ事業法(昭和59年法律第68号)第2条第1項第3号に規定する製造たばこ
  • 当せん金付証票法(昭和23年法律第144号)第2条に規定する当せん金付証票
  • 競馬法(昭和23年法律第158号)第6条に規定する勝馬投票券
  • モーターボート競走法(昭和26年法律第242号)第10条に規定する舟券
  • 自転車競技法(昭和23年法律第209号)第8条に規定する車券
  • 小型自動車競走法(昭和25年法律第208号)第12条に規定する勝車投票券
  • スポーツ振興投票の実施等に関する法律(平成10年法律第63号)第2条に規定するスポーツ振興投票券
  • 事業活動に伴って使用する原材料、機器類及び仕入商品等
  • 特定の政治団体と関わるものや公序良俗に反するもの
  • 土地、家屋購入、家賃・地代、駐車料(一時預りを除く)等の不動産に関わる支払い
  • 会費、商品及びサービスの引換券等代金を前払いするものの内、有効期限が令和2年3月31日を超えるもの
  • 現金との換金、金融機関への預け入れ
  • 電子マネーへの入金
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に該当する営業において提供される役務
  • 特定の宗教・政治団体と関わるものや公序良俗に反するもの
  • 国や地方公共団体への支払い(税金、国民健康保険料等)
  • その他、大阪市長が商品券の利用対象として適当と認めないもの

 

akira(おじさん)
先に上げたもの以外を青色にしておきましたが、要は宝くじとか競馬とかのギャンブル系はダメ、そして事業の仕入れもダメ、光熱水費の支払いもダメ、てとこですね。事業の仕入れなんてどうやって見分けるんかなとおもうんけど・・・

 

 

 


■使用できるお店は結構多い

akira(おじさん)
注意点について、解説してきましがそれでも5000円お得になるってのは大きいですよね。さらに言うと使える場所は結構多いんですよ。僕の近所の例だと↓

 

akira(おじさん)
こんな感じで、スーパーだけでなくコンビニやマクドナルド、さらにタクシーでも利用できるという、想像以上の多業種でつかえるんですよね

 


■実際に購入できるのは非課税世帯と小さなお子さんのいる家庭だけ

最後にですけど、このプレミアム付商品券購入引換券は、国民全員に配布されているわけでないです。

購入対象となる方について

住民税非課税の方

 令和元年度分の住民税が課税されておらず、かつ、平成31年1月1日(基準日A)時点で住民票が大阪市にある方が対象です。ただし、「課税者と生計同一の配偶者・扶養親族」「生活保護の受給者」などは対象となりません。

小さな乳幼児のいる子育て世帯主の方

 平成28年4月2日から令和元年9月30日までに生まれたお子さまがいる世帯主の方で、かつ、お子さまの誕生日に応じたそれぞれの時点で住民票が大阪市にある方が対象です。

  • お子さまの誕生日:平成28年4月2日から令和元年6月1日まで  〈時点:令和元年6月1日(基準日B)〉
  • お子さまの誕生日:令和元年6月2日から令和元年7月31日まで〈時点:令和元年7月31日(基準日C)〉
  • お子さまの誕生日:令和元年8月1日から令和元年9月30日まで〈時点:令和元年9月30日(基準日D)〉

※こちらは、大阪市のHPからの引用なので、住民票が大阪市となっていますが、他市でも同様になっています。


 

その他、プレミアム付き商品券購入についての詳細は以下のHPに載っていますので参考にしてください↓

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)