[新サービスの話題]地方で約一週間、働きながら現地の生活を体験できる。当選倍率50倍を超えた幻企画「タイミートラベル」がアプリとして正式リリース。

地方で約一週間、働きながら現地の生活を体験できる。当選倍率50倍を超えた幻企画「タイミートラベル」がアプリとして正式リリース。

手軽に現地での生活を体験したい人と地方の人手不足に困る場所を繋ぐ”タイミートラベル”を株式会社タイミーが提供開始。

 

>↓taimeeとは↓<

[LINEの話題]LINEで事前登録可能!すぐお金もらいたい系男子&女子に嬉しすぎるサービス”タイミー”が大阪・福岡に上陸ー #お小遣い #副業

 

■タイミートラベルとは■

タイミートラベルとは、 “第二の故郷をみつけよう”をコンセプトに、労働を通じた現地の人々とのふれあいの機会を提供するサービスです。ユーザーは交通費・宿泊費を負担することなく地方へ行くことができるため、手軽に現地で生活を体験できます。北海道から沖縄まで、一度は現地で生活を体験したかったという夢を叶えるサービスになっております。

■地方の課題■

近年、地方から東京への人口流入による過疎問題がますます深刻化しています。それに伴い 2014 年に政府が「地方創生」 を政策として打ち出し、各地方自治団体も独自で事業を推進しています。人口減少時代を迎えた日本では、移住民を表す「定住人口」でも観光目的「交流人口」でもない、「関係人口」と呼よばれる近年若者を中心に増えてきている層をいかに増やすかがポイントだと言われています。彼らのような地域外の人材が将来的にその土地に移住し、地域づくり担い手となることが期待されています。

 

■ただ旅での仮説検証■

2019年4月にβ版として行った「ただ旅」では、2名の募集に対して130名の応募が集まるなど、想像をはるかに超える反響がありました。その後、実際に使ってくださったユーザーやクライアントにヒアリングを重ね、「タイミートラベル」というサービスとして新たにリリースしました。

 

■立ち上げの背景■

株式会社タイミーは2018年に立ち上げた単発バイトアプリ「タイミー」をメインサービスとしています。現在、リリースから一周年を迎え、現在首都圏を中心に2500店舗以上での人手不足の解決に貢献しています。しかし、タイミーの展開エリアを急拡大することは時間がかかり地方の人手不足にいますぐ貢献することが難しい状態でした。また、隣住民が働き手であるタイミーでは地方の人手不足の根本的な解決ができないのではと思い悩んでいました。
結論、関係人口を増やし、地域に魅力を感じていただき、移住する人を少しでも増やすことが貢献できる方法だと考えつきました。よって、単発ではなく、何泊か現地に行き、生活を体験することができる仕組みをパッケージ化できれば現地で稼ぎながら色々なところを行き来できると考え、この度「タイミートラベル」を立ち上げることとなりました。


アプリDLはこちらから
http://bit.ly/taimee_travel


akira(おじさん)
実際にアプリを触ってみた様子は朝の動画にて解説します!

>↓チャンネル登録↓<

 

 

【株式会社タイミー 会社概要】
会社名:株式会社タイミー
設立日:2017年8月
代表者:小川 嶺
所在地: 東京都渋谷区道玄坂1-22-9 AD-O渋谷道玄坂ビル9-10F
連絡先:070-3149-8127 /daki.honma@taimee.co.jp
事業内容:インターネットメディア及びアプリケーションの企画・開発・運営、マーケティング、
ブランディング、各種コンテンツの企画・制作
ホームページ:https://taimee.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)